メールレディが返信率の高いメール術を学ぶ「究極の方法」をやってみた

現役メールレディのはなです。

メールレディに登録して、プロフィールも作りいよいよ仕事開始になりますが、待ってるだけでは男性からはメールはきません。

まず、自分のことを知ってもらうためには自分からアプローチする必要があります。
これを「営業メール」や「アタックメール」といいます。

メールレディをやってみて悩むことは「メールの返信が来ない」

と、いうことです。

今回は「どんなメールを送ると返信がくるのか?」を学ぶために究極の方法を試してみました。

ズバリ!「出会い系」に登録してメールをもらう立場になってみる。です。

その結果分かったことを紹介します。

メール返信が来ない理由が分かった

出会い系は、登録したとたん男性からたくさんのメールが届きます。

「これがチャットサイトだったらいくらだろ・・」って思わず計算してしまいましたが(笑)

メールをもらう立場になるとよく分かりましたが、こんなメールに返信しようと思わないものは

・名前も入ってなく「良かったらメル友になって!よろしく!」と一言だけももの

・男性の自己紹介のみ

・内容はいいけど明らかにこれコピペだろって思うメール

・最初に私の名前は入っているけど、そこから先はすべてコピペ

・「プロフィール見てあなたのことが気になってメールしました。」と書いてる割には、プロフィール内容には一言も触れてない。

などなど、客観的に見るとよく分かります。

きたメールをパッと見て、最初に私の名前が入っていると、とりあえずメールを開いてみようと思いました。

プロフィールに触れた内容だと、とりあえず一回はお礼のメールをしてみようとも思います。

私の名前だけでなく、最後に相手の(男性の)名前まで入っていると印象にも残ります。

これに気づいてから私はアタックメールの最後に名前を入れるようになりました。

出会い系の女性は無料ですが、それでも返信どころか相手のプロフィールを見る気にもならない

と思うようなメールが圧倒的に多かったです。

そう考えたら、チャットで高いお金を使ってまで、男性がメールの返信をするということは

簡単なメールでは返信が来ないもの納得できます。

適当なメールだと最後まで読んでもらえてもないかもしれません。

メール3通目が分かれ道かも

メール返信をして3通目4通目くらいになると

「もっと会話をしてみたいなぁ」思える人と

「返信が面倒・・」って思う人に分かれてきました。

会話してみたい人は、私に興味持ってくれていると分かるような内容ですが

同じ興味を持つ人でも、面倒だと思う人は「質問攻め」な人です。

質問されて答えて、その話題で盛り上がるわけでもなくまた違う質問へ

まるで面接を受けている気分です(笑)

そう考えたらまず相手の話したことに一旦共感してから、次の話題へいかないといけないなって思いました。

返信のタイミングはけっこう大切だった

メールレディは男性からメールがきたらできるだけ即返信した方がいい

というのはものすごく分かります。

メールの返信が遅れると正直・・もういいや・・って気持ちが冷めてしまいます。

せっかく盛り上がった話題もつまらなく感じてくるので、テンポよくメールのやりとりをするには

即返信はすごく大切だと分かりました。

以上が出会い系で勉強したメール術でした!

ここまでやっているチャトレはなかなかいないと思いますが(笑)

メールをもらう立場、選ぶ立場になるとたくさんの気づきがあり、結果的にさらにメール返信率もアップしました。

返信率が高くなる「アタックメールのコツ」

アタックメールの内容も大切ですが、返信が来ない時はプロフィールを充実させることが大切です。

稼げる「プロフィール写真の撮り方」

    まだ登録してないサイトはないですか?

    メールレディで稼ぐにはサイトとの相性が重要
    あなたに合った稼ぎやすいサイトを見つけましょう♪

  • メールレディ求人募集一覧へ

このページの先頭へ