もうアプローチする男性がいない!?2回目のアタックメールを送った結果

現役メールレディのはなです。

メールだけで稼ぐには男性へのアタックメール(営業メール)や足あとのお礼メールをしないと稼げません。

もし音声通話やテレビ電話で稼ぐなら、待機したりブログからの集客ということもできますが

メールのみで稼ぐとなるとコツコツ地道な作業が大事です。

そこで長くメールレディの仕事をしていると、だんだんアタックメールを送る人が少なくなってきます。

同じ男性に2回目のアタックメールを送るのはいいのかな?
と、悩むところですよね。

そこで今日は私が同じ人へ何度もアタックメールした結果の話です。

2回目のアタックメールで返信がくる!?

結論からいうと、同じ男性へアタックメールを送るのはアリだと思います!

但し、

・全く同じメール内容は送らない
・1回目から日をあけて送りましょう。

または、プロフ写真なども変えてから送るのもオススメです!

サイトによっては、数カ月したらメール内容の履歴が消える場合もあります。

メール履歴が消えると不便なこともありますが、便利な時もあります。

その理由は、「男性は意外と覚えていない」からです。

ある意味寂しい話でもありますが、仕事として考えるとありがたい話でもあります。

男性には毎日たくさんのメールが届きます。

開かないで削除した場合もあるし、プロフ写真で判断してスルーしたかもしれません。

タイミングが合わなかっただけということもあります。

アタックメールしただけの人だったら覚えてないこともあります。

関連記事:メールレディの「返信率が高くなるアタックメールのコツ」

何度か絡んだ男性へのメールは?

では何度か絡んだことがある人、すでにメールのやりとりをした男性はどうでしょうか?

これは人にもよりますが、「覚えていない男性は多いです」

これはさらに寂しい話ですが、仕事と割り切った場合はラッキーなお話です。

こっちははっきり覚えていても、相手は平気で「はじめまして」って言ってくる人がいます。

一人だけならたまたまかなと思うけど
2人3人と・・意外と多くて笑ってしまいます(笑)

・いろんな女性とやりとりしている広く浅いタイプ

・短期集中型の人(短文サクサク返信くれる太客だけど短命の人)

・お気に入り登録機能を使ってない人

・リアルを求めて片っ端から声をかけているおバカさん(笑)

などなど

色々な女性と絡んでいる人、つまりお金を使ってくれる人ほど覚えてないことが多いです。

ギフトまでくれた男性から「はじめまして」ってメールきた時は震えました。
もちろん、はじめましてのフリしてメールを続けましたが(笑)

今までやりとりした男性には、まずは足あとをつけて様子をみて、足あと返しがあったらメールを送る

その時「はじめまして」と入れないで送ること

参考記事:返信率が高い足あとお礼メールのコツ

男性は、やりとりしても覚えてない人も多いくらいだから

アタックメールを送っただけの人に2回目も送るのもありだということです!

「しつこい!」と思って拒否されることもあるかもしれませんが、そんなことイチイチ気にしていたらこの仕事できません(開き直りw

メモ機能をフル活用しよう

今、ちょうど1年前にやりとりしたことある短命だったお客さん2名に、

「はじめまして」って言われてメールのやりとりをしています(笑)

どんな会話をしたか、どうしてメールが終わったか
細かいことまで全てメモしているので
2回目のやりとりはやりやすいです。

話しているうちに、思い出さないように前回と多少キャラも変えてます(笑)

この二人はかなりの極太さんだったからメモしていますが

一度終わったお客さんがどういう形で戻ってくるか分からないものです。

そのため、多少面倒でもメモ機能は必ず使うようにしましょう。

関連記事:超簡単!「メモ機能」をフル活用して常連客の心をギュっと掴む方法

覚えてて戻ってくることは多いですが
たまに全く覚えてなくて戻ってくることもあります。

そのためにも、プロフィール写真は定期的に変えることです。

参考記事:稼げるプロフィール写真の撮り方

長くやっているとお客さんって、1周してまた帰ってくるというラッキーなこともあります。

以上、同じ人にアタックメールを送ってもいいか?というお話でした!

    まだ登録してないサイトはないですか?

    メールレディで稼ぐにはサイトとの相性が重要
    あなたに合った稼ぎやすいサイトを見つけましょう♪

  • メールレディ求人募集一覧へ

このページの先頭へ